仮想通貨トークン Unizon

生命保険の未来を変えるプロジェクト「Unizon」を応援しよう!

生命保険の未来を変えるプロジェクトが始動!

 

ブロックチェーンの技術を使って、保険の根本変える仕組みです。

 

その名はUnizon(ユニゾン)!

 

 

なんか難しそうですが、これは、保険プランを個人が自由に作成し、その保険プランの中か

ら意義を感じた人が自由に加入する事ができるそんな仕組みです。

 

「Unizon」は、ブロックチェーン技術による革新的な相互扶助プロトコル

(エスクロープラットフォーム)で、私たちの保険の在り方を近いうちに変えてくれる

大きな可能性を秘めいています!

 

このプロジェクトを応援したい人は、こちらから公式サイトを確認してみてください。

 

↓ 公式サイトはコチラから ↓

 

知っていますか?私たちが加入している生命保険は大半は損している

 

ところで、保険料全体に対する付加保険料の割合はどれくらいでしょうか。
付加保険料とは、保険会社が生命保険事業を営むための運営費と言われているものです。

 

一部のネット系の保険会社は、保険料のうち純保険料の占める部分と付加保険料の占める部分を開示していました。
某生命の終身医療保険に、(入院給付金日額10,000円コース)に40歳女性が加入した場合、保険料の内訳は以下の通りになります。

 

月額保険料:3614円
そのうち、純保険料が2,895円、付加保険料が719円

 

つまり、付加保険料の割合は2割弱になるのです。

 

ちなみにこれはネット系の生保ですので、営業職員を要する生保では、もっと割合が高いことになるのです!

 

ちっとあり得ないですね...。

 

生命保険の在り方を変えてくれる「Unizon(ユニゾン)」とはなんだ?

 

ここで改めて、Unizonを説明します!
Unizonは、保険加入者自らが保険を発案・企画し、賛同した人がその保険に加入が出来る、
加入者主体の保険のプラットフォームになります。

 

Unizonでは、保険会社ではなく、顧客第一のの視点で保険業界のあり方を根本から変革しようとしています。
そのICOプロジェクトが今回の「Unizon」です。

 

Unizonで保険を設計する人のメリットととは?

 

Unizonのホワイトペーパーは日本語でも発表されているのですが
Unizonのメリットは、保険の設計者と加入者のいずれにも見られます。

 

保険の設計者は、自由に自分に適した保険を設計できます。

 

また、その保険に加入する人から、上限3%の報酬を貰えます。
なお、保険プランを設計する際は、AIシステムを利用することができるようです。

 

設計された保険に加入する人のメリットは?

 

支払う保険料が安く、自分に合ったプランを選びやすいことが考えられます。
もともとの付加保険料部分が極めて小さいため、自然と保険料が安くなるのです。
加入・退会をする事も自由にできます。

 

Unizonトークンの詳細

 

購入価格:1UZN=0.2USD
Softcap:3,000万UZN(600万USD)
購入通貨:BTC/ETH
ソフトキャップが設定されているので、
ICOの目標資金が未達の場合、投資家へ全額返還される仕組みですね。以下、公式ページからの抜粋になります。

 

公式ページはこちら

 

 

Unizonトークンの販売スケジュール

 

2018/3/1〜:事前登録ステージ
2018/3/15〜:アーリーステージ
2018/5/15〜:ミドルステージ
2018/7/15〜:ファイナルステージ
になっています。こちらも公式ページから抜粋しています。
公式ページはこちら

 

今なら、無料でトークンを貰えるようです!気になる方は急ぎましょう!

 

公式ページはこちら